育毛剤の種類と選び方

「育毛剤ってたくさんありすぎて何がいいのかさっぱりわからない」

薄毛が気になってくると自分と同じくらいの年齢の人の頭の毛をついついチェックしてしまいますよね
意識しないでいようと思いつつも「育毛剤」を探してしまうと思います。

しかしドラッグストアやネットを見ていても育毛剤は様々な種類があり、何をどう選んだらいいかよくわからない方も多いのでは。

そこで今回、育毛剤の種類と選び方、効能、成分などについて詳しく解説していきたいと思います。

まず、代表的な育毛剤について紹介します。

プロペシア錠

まず、育毛剤、発毛剤の種類・成分は効能別に大きく4つのタイプに分類できます。

毛細血管の拡張・血行促進をするタイプ
ショウキョウチンキ、センブリエキス、ニンニクエキス、参照、塩化カルプロニウム、ミノキシジル、セファランチン

抜け毛の誘因である血行不良を改善し、毛根の代謝を促進します。

毛母細胞・毛根部の細胞を活性化するタイプ

毛髪を作り出す毛母細胞に作用して、薄毛や細い毛を改善します。

男性ホルモンを抑制するタイプ

体毛が濃い人や遺伝で薄毛の人に向いている成分です。

皮脂線の活動を抑制するタイプ
頭皮が脂っぽく、髪がべたつきを改善する成分です。

育毛効果がある成分
ミノキシジル
セファランチン
ヒノキチオール
センブリエキス(スウェルチノーゲン、スウェルチオール)
モノニトグアヤコールナトリウム
ペンタデカン酸グリセリド
モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン
ジアルキルモノアミン誘導体